2017年03月10日

白石商工会議所が「減塩乳和食」でスマートみやぎ健民優良賞を受賞

メタボリック症候群該当者と予備軍の割合が高水準にある宮城県の状況改善を目指す官民組織「スマートみやぎ健民会議」(会長・村井嘉浩知事)では、2月23日に仙台国際センターで職員や従業員の健康づくりに積極的な団体に対して表彰式を行い、白石商工会議所の「減塩乳和食」活動に対して地域団体部門の優良賞を授与されました。

受賞理由:地元の牛乳と温麺を活用した「減塩乳和食」の開発・普及を行い,飲食店や旅館業など多業種が会員である特性を活かした「地域振興」と「健康づくり」を併せ持つ取組を地域で推進している。

07_スマートみやぎ健民会議.jpg

スマートみやぎ健民会議管理者等セミナーHP
https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/kensui/kanrishasemina.html
posted by 白石商工会議所 at 15:24| イベント案内